最も偉大な名馬 第2位 ナリタブライアン

最も偉大な名馬-ナリタブライアンとは-

数々の競馬を華やかに彩る競走馬の中でも、ナリタブライアンは歴史に名を残す名馬として知られています。1993年にデビューしたナリタブライアンは、通算成績21戦12勝と多くの勝ち星をあげました。デビュー戦は函館競馬場で行われた3歳新馬で、騎手として 南井克巳が騎乗しています。南井克巳騎手は1995年の阪神大賞典までナリタブライアンへの騎乗を続け、このレースでは1着を獲得しています。

最も偉大な名馬-ナリタブライアンの生い立ち-

ナリタブライアンはブライアンズタイムとパシフィカスを父母馬としています。1993年、3歳で栗東トレーニングセンターに入り、調教師である大久保正陽が調教を行いました。幼少期から身体能力の高さを周囲に認められており、気性面に少々の難が見受けられたものの、後に馬主の予想通りの戦歴を残すことになります。

最も偉大な名馬-ナリタブライアンの活躍-

共同通信杯4歳ステークスの優勝を皮切りとし、スプリングステークス、皐月賞と順調に経歴を重ねます。東京優駿でも優勝を飾ったことにより、皐月賞と併せてクラシック2冠を獲得したナリタブライアンは、菊花賞でも1着を得て、クラシック3冠の栄誉を達成することになります。皐月賞、東京優駿、菊花賞のクラシック3冠を達成した馬は少なく、日本国内における競馬史上5頭目という快挙でした。
その後もジャパンカップ、有馬記念と優秀な成績をおさめ、1995年には阪神大賞典、天皇賞(春)などで活躍、1996年5月の高松宮杯がナリタブライアンの最後のレースとなっています。高松宮杯からしばらくの後、屈腱炎を発症したことにより競走馬を引退しましたが、生涯の競走成績を称えて引退セレモニーが華やかに行われ、1997年にはトウカイテイオー以来の顕彰馬としての栄誉を受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です