最も偉大な名馬 第10位 トウカイテイオー

最も偉大な名馬-トウカイテイオーとは-

トウカイテイオーは、1990年にデビューし、皐月賞やダービーを始め、通算で9勝、G1レース4勝という見事な成績を残した名馬です。馬主は内村正則氏で、調教師は松元省一氏でした。通算成績が9勝というのはトウカイテイオーの能力からすれば少ないようにも感じますが、ダービーに勝って以降はケガにも泣かされた名馬だったため、競走馬生活は12戦という少なさで引退したのです。

最も偉大な名馬-トウカイテイオーの活躍-

トウカイテイオーはデビューから破竹の4連勝でクラシック第一弾の皐月賞を迎えました。当然ながら1番人気に支持され、その期待にこたえて無敗の皐月賞馬になりました。その勢いでダービーも制し、3冠の期待も高まりましたが、そこで骨折というアクシデントに見舞われ、1年近く戦列を離れることになりました。古馬になり、初戦の産経大阪杯を快勝してデビューから7連勝を達成しましたが、次走の春の天皇賞では5着に敗退し、デビュー以来初めての配線を経験しました。

また、このレースでまた故障して秋の天皇賞まで戦列を離れました。秋初戦はぶっつけ本番で天皇賞にのぞみましたが7着に敗退し、次走のジャパンカップではデビュー2戦目以来となる1番人気以外での出走をしました。しかしここで見事に復活し、世界の強豪馬相手にジャパンカップを制覇するという偉業を達成しました。しかし次走の有馬記念では11着に敗れ、その後は1年後に同じ有馬記念で復活し、見事に勝利してそのまま引退するという経歴を持っています。勝つか負けるかといったはっきりした競走成績が印象的な馬でもあります。戦歴は1着8回で3着以下が4回、2、3着はともに0という成績でした。晩年はいつは知るか分からないという予想のしにくい馬でしたが、名馬として多くの競馬ファンは覚えています。

最も偉大な名馬 第9位 タイキシャトル

最も偉大な名馬-タイキシャトルとは-

タイキシャトルは、日本で年度代表馬およびフランスで最優秀古馬に選出された競走馬です。

馬主の大樹ファームは、日本のクラブ法人および生産牧場であり、タイキシャトルはアメリカのタイキファームで生産されました。2歳(旧年齢表記)になるとアイルランドで調教され、その後、日本においてデビューすることになり海外で武者修行の経歴を持つ藤沢和雄調教師の管理馬となりました。

最も偉大な名馬-タイキシャトルの活躍-

馬を大事に扱う調教師の意向もあり、脚部に不安があった同馬のデビューは同世代のクラシックが始まるまで遅くなりましたが、未勝利戦でデビューすると3連勝でオープン馬となります。その後、秋にはユニコーンS、スワンS、マイルチャンピオンシップ、スプリンターズSを4連勝し、同一年の秋の短距離G1を連勝した初めての競走馬となり、JRA賞の最優秀短距離馬のタイトルを獲得しました。

翌年は海外遠征を視野にローテーションが組まれており、春の京王杯スプリングカップ、安田記念を連勝すると、予定通りフランスへ海外遠征を行います。出走したジャック・ル・マロワ賞は、フランスのマイル路線の最高峰のレースであり、戦前の関係者の予想はどこまで好走できるか半信半疑ではありましたが、予想に反して快勝し前週のシーキングザパールに続いて海外G1制覇を成し遂げました。

帰国したタイキシャトルはマイルチャンピオンシップを連覇し、ラストランとなるスプリンターズSで単勝1.1倍の圧倒的な人気となったものの3着に破れます。しかし、海外を含めて同一年でG1を3勝したことが評価され、最優秀短距離馬、最優秀古馬、短距離馬としては初となる年度代表馬に選出されました。

通算成績13戦11勝、一年半でG1を5つ獲得した戦歴は、当時としては異例と言える競走成績であり、引退後すぐに顕彰馬に選出されたように日本競馬史に名を残す名馬と言えます。

最も偉大な名馬 第8位 シーザリオ

最も偉大な名馬-シーザリオとは-

シーザリオは2004年の12月に阪神競馬場でデビューし、優駿牝馬とアメリカンオークスを制した名馬です。馬主はキャロットファーム、栗東の角居調教師の元に預けられ、引退までに日本国内で5戦4勝、アメリカで1戦1勝、通算成績6戦5勝のうちG1レースを3戦2勝2着1回という輝かしい経歴の持ち主で、出走した全てのレースで連対したことから、予想するファンにとっては本命にしやすい馬でした。
競走成績もさることながら、産駒も活躍しているため引退後も高い人気を誇り、名繁殖牝馬の一頭とも言えます。

最も偉大な名馬-シーザリオ活躍-

シーザリオは新馬戦、寒竹賞、フラワーカップと福永祐一騎手を背にデビュー3連勝を飾った後、阪神競馬場1600メートルの桜花賞に臨みますが、福永騎手が同世代のライバルであるラインクラフトを選んだため、桜花賞は吉田稔騎手で挑みラインクラフトの2着に惜敗しました。しかし、直線猛然とラインクラフトを追い込む姿から、距離が伸びる優駿牝馬では大きな期待が持たれ、ライバルのラインクラフトが距離適性から優駿牝馬ではなくNHKマイルカップに進んだこともあり、優駿牝馬では単勝1.5倍という圧倒的1番人気に支持され、スローペースながらも異次元の瞬発力で見事3歳牝馬の頂点に立ちました。

通常であれば秋の秋華賞まで休養するところ、陣営はハリウッドパーク競馬場で開催されるアメリカンオークスに照準を定め、日本の調教馬としては初めて海外G1レースを制覇するという快挙を成し遂げました。
残念ながらレース中の故障が原因で引退しましたが、その圧倒的な能力から産駒に期待が持たれ、第3子のエピファネイアが菊花賞とジャパンカップを、第6子のリオンディーズが朝日杯フューチュリティステークスを制するなど十二分の戦歴を残しており、繁殖においても存在感を魅せつけています。

最も偉大な名馬 第7位 サイレンススズカ

最も偉大な名馬-サイレンススズカとは-

サイレンススズカは父馬としてサンデーサイレンス、母馬としてワキアを持ち、騎手としては上村洋行や河内洋、武豊などが騎乗した競走馬です。父馬のサンデーサイレンスはアメリカ競馬殿堂入りも果たした名馬で、引退後も種牡馬として多くの競走馬を残しています。

最も偉大な名馬-サイレンススズカの活躍-

サイレンススズカもサンデーサイレンス系の血統にふさわしく、多くの戦歴を残しました。橋田満厩舎に3歳で入厩して以来、調教師の橋田満の調教を受けましたが、レース未出場馬時代からその実力は関係者に知れ渡っており、デビュー戦では周囲の予想通りの圧勝を見せつけています。

その後の弥生賞では8着、4歳500万下とプリンシパルステークスでは1着と調子を上げながら、東京優駿では9着を得ています。秋の初戦として神戸新聞杯に出走したものの、マチカネフクキタルにゴール直前で追いつかれ、2着に終わります。このことが騎手である上村洋行がサイレンススズカを下りる原因となりました。
以降は河内洋が騎乗することになり、1997年の天皇賞(秋)では名勝負を繰り広げながらも6着となっています。
サイレンススズカの華やかな経歴の中で、騎手は何度か乗り替わっていますが、5歳になった宝塚記念で南井克巳に乗り替わります。南井克巳はサイレンススズカと同じ馬主を持つゴーイングスズカの騎手でもありました。宝塚記念では1着を獲得し、これがG1初勝利となっています。

通算成績は16戦9勝と素晴らしいもので、中でも伝説と呼ばれる毎日王冠ではとエルコンドルパサーやグラスワンダーと競り合い、圧倒的なレースを見せてくれました。ファンを魅了する競走成績は1998年の天皇賞(秋)で不慮の事故を遂げるまで続き、今でも伝説の名馬として多くの人々に愛されています。

最も偉大な名馬 第6位 オルフェーヴル

最も偉大な名馬-オルフェーヴルとは-

オルフェーヴルは、中央競馬史上7頭目のクラシック三冠馬で通算成績21戦12勝の名馬です。競走成績で特に秀でているのが、GⅠ6勝という輝かしい戦歴です。父ステイゴールドと同じく、激しい気性で騎手を振り落とすこともありました。馬主は、サンデーレーシングで一口150万円で募集されました。調教師の池江泰寿は、オルフェーヴルの全兄であるドリームジャーニーを管理していた経歴をもっています。

最も偉大な名馬-オルフェーヴル活躍-

オルフェーヴルの最大の武器は、他の馬に負けたくないという闘争心です。阪神大賞典では、3コーナーで大きく膨らんで逸走してしまいましたが、馬郡を追いかけるようにコースに戻りました。競馬ファンの予想を裏切ってしまうこともあり、天皇賞春では11着に敗れたこともあります。

しかし、個性豊かな馬でとてもファンの多い競走馬でした。最後の直線で見せる末脚は、他の馬が止まっているように見えるほどの末脚でした。その強さは日本だけで留まることはなく、海外でも力を見せつけてくれました。世界最高峰のGⅠレース凱旋門賞で2年連続の2着を記録し、オルフェーヴルの名を海外の競馬ファンにも知らしめました。

引退レースの有馬記念もファン投票1位で選出され、8馬身差で圧勝しました。種牡馬生活が待っているので、調教師曰く仕上がりは80%のデキだったにもかかわらず、圧勝したため高い競争能力を表しています。
気性が激しいため、長距離を若干苦手としていましたが、能力の高さで菊花賞を制するなど身体能力は抜群でした。折り合いがレースでの鍵となっていましたが、一度折り合えば直線では豪脚を見せ、ファンを魅了しました。オルフェーヴルは、日本の浅い芝にも海外の深い芝にも対応できた名馬です。

最も偉大な名馬 第5位 エルコンドルパサー

最も偉大な名馬-エルコンドルパサーとは-

エルコンドルパサーは、日本調教馬として始めて凱旋門賞で2着となり、世界挑戦の扉を開いた競走馬です。

馬主の渡邊隆は親子二代で馬主という経歴をもち、血統への造詣が深いことから所有馬の配合は自ら考案したものが多いことで知られています。渡邊には憧れた牝系があり、その血統をもつ牝馬を世界中の牧場から探して見つけたのがエルコンドルパサーの母サドラーズギャルです。同時に同じ血族であるキングマンボに惹かれ、両者を交配して同馬が誕生しました。

また、調教師である二ノ宮敬宇も、様々な不安を乗り越え長期遠征を成功させました。この二人がエルコンドルパサーの馬生を決めたと言っても過言ではありません。

最も偉大な名馬-エルコンドルパサーの活躍-

同馬の最大の功績は、海外への長期遠征の重要性および世界で通用する日本競馬のレベルの高さを認識させた事です。それは通算成績11戦8勝のうち、海外の競走成績は4戦2勝で2着2回に現れています。

特に、日本馬として始めて海外の2400メートルのG1レースを優勝したサンクルー大賞は、全欧年度代表馬ドリームウェルや凱旋門賞馬サガミックス、ドイツの年度代表馬タイガーヒル、ドイツダービー馬ボルジアなど、戦歴では遥かに上を行く強豪相手に、予想に反して2馬身以上の差を付けて優勝した価値のあるものでした。

また、凱旋門賞では歴史的名馬モンジューと接戦を演じて2着となりましたが、3着とは6馬身以上の大差が付いたことから、現地ではチャンピオンが2頭いたと評されました。

引退後、種牡馬となったエルコンドルパサーは、年間100頭以上の交配を行い、日本最高の種牡馬の地位を築いていたサンデーサイレンスの牙城を崩すことが期待されていましたが、3年目の交配を終えると腸捻転により死亡してしまいます。

残された産駒から菊花賞馬ソングオブウインド、ダート王者ヴァーリミアンなどを輩出した事を考えると、日本競馬界にとって大きな損失となりました。

最も偉大な名馬 第4位 フジキセキ

最も偉大な名馬-フジキセキとは-

フジキセキは通算成績4戦4勝の完璧な経歴を持った馬であり、三冠も期待されていましたが故障によってターフを去ることになってしまいました。
クラシック直前に屈腱炎を発症し、馬主に調教師、生産者が競技をした結果現役生活を続行することを断念して、優れた能力を伝えるために種牡馬となることになりました。
そのため、戦歴は他の名馬と比較をすると少なく優れた競走成績を残して入るものの、本来期待された成績を考えると物足りないものとなってしまったのです。

最も偉大な名馬-フジキセキの活躍-

フジキセキは日本の競馬史上に残る大成功をおさめたサンデーサイレンスの初年度産駒であり、まだまだサンデーサイレンスが海のものとも山のものともわからない状態の時期に登場をした馬です。
初年度産駒が続々と勝利をするようになり、サンデーサイレンスの実力が認められつつある時にそれをもっとも印象づけた馬がこのフジキセキでした。
新馬戦では2番人気となる評価でしかもスタートで出遅れ最高峰からのレースとなりましたが、最後の直線でしっかりと先行勢をとらえ2着に8馬身差をつけて圧勝しました。
2戦目もその実力を遺憾なく発揮して馬なりでの余裕の勝利で、しかもレコードタイムのおまけつきだったのです。
3戦目は3歳王者を決める朝日杯3歳ステークスで1.5倍の圧倒的な一番人気に支持されたフジキセキは、クビ差の勝利もしっかり勝利を収めました。
そして、クラシック戦線の前哨戦となる弥生賞でも2馬身半差の勝利をおさめ、皐月賞の最有力候補となったのです。
しかし、この後予想もできないアクシデントに見舞われ競走馬として不治の病である屈腱炎を発症することになり、わずか四戦でターフを去ることになってしまいました。

最も偉大な名馬 第3位 キングカメハメハ

最も偉大な名馬-キングカメハメハとは-

キングカメハメハは、日本ダービーとNHKマイルカップに優勝した競走馬で、産駒に多数のG1馬を輩出している種牡馬でもあります。

キングカメハメハの馬主である金子真人は日本史上最高の個人馬主と知られ、同馬のほか、日本競馬史上最高の名馬に数えられるディープインパクトや牝馬三冠を達成したアパパネ、ダート王者カネヒキリなど、多彩な名馬を所有し、個人馬主としては初めてとなる八大競走完全制覇を達成しています。

最も偉大な名馬-キングカメハメハの調教師-

調教師の松田国英は競馬専門紙の記者から調教師に転身した異色の経歴を持っており、その育成方針も異色であることが有名です。特に牡馬は引退後の馬生を視野に入れており、短距離の1600メートルと長距離の2400メートルの異なる距離のG1を制覇することで種牡馬の価値が高くなると考え、出走するレースもそうした考えに基づいて選択される事が多いです。

最も偉大な名馬-キングカメハメハの活躍-

キングカメハメハは、調教師の方針から1600メートルのNHKマイルカップと2400メートルの東京優駿に出走する異例の戦歴で2つのG1を制しており、変則二冠馬とも呼ばれていましたが、秋初戦の神戸新聞杯に優勝した後に右前脚に浅屈腱炎を発症し、通算成績8戦7勝で引退に追い込まれます。

しかし、調教師の狙い通り、種牡馬となったキングカメハメハは史上最高となる21億円(当時)のシンジケートが組まれ、種牡馬生活を始めます。

当時、日本最高の種牡馬であったサンデーサイレンスの血が多数を占めていた日本競馬界において、同馬の血を持たないキングカメハメハは優秀なサンデーサイレンス産駒の繁殖牝馬と交配でき、日本記録となる年間266頭の種付け数を達成しました。

その結果、予想通りに次々と活躍馬を送り出し、牡馬二冠のドゥラメンテ、牝馬三冠のアパパネ、短距離王のロードカナロア、ダート王者のホッコータルマエらの活躍で、20以上のG1を制するなど産駒の競走成績は極めて優秀と言えます。

最も偉大な名馬 第2位 ナリタブライアン

最も偉大な名馬-ナリタブライアンとは-

数々の競馬を華やかに彩る競走馬の中でも、ナリタブライアンは歴史に名を残す名馬として知られています。1993年にデビューしたナリタブライアンは、通算成績21戦12勝と多くの勝ち星をあげました。デビュー戦は函館競馬場で行われた3歳新馬で、騎手として 南井克巳が騎乗しています。南井克巳騎手は1995年の阪神大賞典までナリタブライアンへの騎乗を続け、このレースでは1着を獲得しています。

最も偉大な名馬-ナリタブライアンの生い立ち-

ナリタブライアンはブライアンズタイムとパシフィカスを父母馬としています。1993年、3歳で栗東トレーニングセンターに入り、調教師である大久保正陽が調教を行いました。幼少期から身体能力の高さを周囲に認められており、気性面に少々の難が見受けられたものの、後に馬主の予想通りの戦歴を残すことになります。

最も偉大な名馬-ナリタブライアンの活躍-

共同通信杯4歳ステークスの優勝を皮切りとし、スプリングステークス、皐月賞と順調に経歴を重ねます。東京優駿でも優勝を飾ったことにより、皐月賞と併せてクラシック2冠を獲得したナリタブライアンは、菊花賞でも1着を得て、クラシック3冠の栄誉を達成することになります。皐月賞、東京優駿、菊花賞のクラシック3冠を達成した馬は少なく、日本国内における競馬史上5頭目という快挙でした。
その後もジャパンカップ、有馬記念と優秀な成績をおさめ、1995年には阪神大賞典、天皇賞(春)などで活躍、1996年5月の高松宮杯がナリタブライアンの最後のレースとなっています。高松宮杯からしばらくの後、屈腱炎を発症したことにより競走馬を引退しましたが、生涯の競走成績を称えて引退セレモニーが華やかに行われ、1997年にはトウカイテイオー以来の顕彰馬としての栄誉を受けています。

最も偉大な名馬 第1位 ディープインパクト

最も偉大な名馬-ディープインパクトとは-

日本の名馬として名高いディープインパクトは、無敗での三冠を成し遂げた名馬として名を残しています。日本の競馬界を変えた名馬として、今でも多くのファンを抱えています。2004年の新馬デビューから、2006年の有馬記念までレースに出走していました。

最も偉大な名馬-ディープインパクトの活躍-

現在も種牡馬として、リーディングサイアーにも輝いています。産駒成績も優秀で、競馬予想を行う上でもディープインパクト産駒の存在は欠かすことができません。

クラスの高い競走では産駒の成績が良く、芝のクラシックレースでは高確率で勝利しています。
日本でトップの種付料を誇るディープインパクトの通算成績は、14戦12勝です。
この14戦12勝と言う成績はサラブレッドの競走成績としては優秀で、ディープインパクトは日本の歴代の競走馬の中でも非常に高い成績を残しています。

日本での経歴は有馬記念に一度2着になった以外、全て勝利しています。戦歴の中で唯一連対を外したのは海外で走った凱旋門賞のみとなっています。
新馬戦から1番人気となり、それ以降も全てのレースで1番人気となっています。ディープインパクトが出走したレースは人気となり、多くの人が競馬場に詰めかけました。

最初に走った新馬戦の後はオープン競走の若駒ステークスに挑み、それ以降は全ての出走レースが重賞競走となっています。全てのレースで武豊が騎乗していることも、有名な話です。クラシックレースの3冠以外にも、グレードの最も高い競走であるG1レースを通算で7勝しています。

馬主は他にも名馬を所有していることでも有名な、金子真人ホールディングスです。調教師は池江泰郎で、現在は調教師を引退していますが息子が後を引き継いでいます。

最も偉大な名馬と競馬予想サイト-

競馬予想サイトを使うことは良い馬の情報、騎手、厩舎情報など様々な本物の情報を得ることができます。しかし、中には悪徳予想サイトもあるので気をつけて下さい。私が比較のために参考にさせてもらった競馬予想サイト比較はよりリアルな口コミが書かれているサイトになっています。